タグ別アーカイブ: 盆栽

Tokyo impression #3

ここだけは落ち着いて見られた

ここだけは落ち着いて見られた


天気は良かったけど、風が冷たかった。 世田谷のボロ市、いつもながら人の多さに驚きます。人に押されて歩いて感じです。私の好きな神社の境内の盆栽とか花を売っている場所。ここだけは人が少なかった。

梅も終わり

梅も散ってしまいました

梅も散ってしまいました


今日は暖かい一日でしたね。
我が家の梅も散ってしまいました。木瓜も蕾は大きかったのに、開花したらすぐに散ってしまいました。
なんだかなあ、剪定と肥料がよくなかったのかなと悩みます。

思いがけない事に

白いマンリョウの実

白いマンリョウの実

いつも通る道沿いに、道に面した庭木を綺麗に育てられてる家があります。
名前を知らない木が季節ごとに綺麗な花を咲かせて、「いやぁ、こういう家っていいなあ」と思いながら、通っていました。
買い物の帰りに通りかかると、私と同年輩くらいの男性が庭木に剪定をされてました。
前から、木の種類とか名前が気になっていたので、思い切って質問してみましたら、嬉しそうに色々と教えていただきました。
話の終わりに、その方の手物とに植えてあった「まんりょう」の木から実をとって、「これ、植えておくと白いまんりょうが咲くよ。白いまんりょうは珍しいから。」といいながら、笑顔で手渡してくれました。
恐縮しながらも、実はいただいてきました。感謝です。

春の喜び

植え替えた白い梅

植え替えた白い梅、花が沢山つきました。

 
枝の剪定が正解だった木瓜

枝の剪定が正解だった木瓜

 
海棠

海棠


義父から受け継いだ盆栽も私が世話をするようになってもう3年たちました。
今までは預かり物のように扱ってて、枝を剪定したり、根を切ったりするのが怖かったのですが、
少し慣れてきたこともあって、思い切って根を切って植え換えたり、枝を剪定してみました。
秋に剪定をして、春を迎えるのが怖いような気持ちもありましたが、
今は剪定をしたり、根を切ったことが正解だったと思っています。
一歩踏み出せたのかもしれません。

我が家の花見

義父から受け継いだ盆栽

今年も数は少ないですが、花をつけました

剪定が悪いのか、肥料が少ないのか花が少ないです

義父から受け継いだ盆栽、何とか枯れずに頑張ってます

亡くなった義父から受け継いだ梅も三年たちました。
夏には接木をした部分に羽蟻のようなものが湧いたり、
何度かピンチはありましたが、凌いできました。
冬になると葉もすべて落ちて枯れたような状態になるので、ひょっとして枯らした?とおもったりもしました。
寒さのピークが越して小さな蕾を見つけると、勇気と安堵感で一杯になります。
剪定の仕方か?肥料のやり方か?分かりませんが、花の数が少ない気がします。
これは私に与えられた課題ですね。

聖地

ここから盆栽を売ってるお店が続きます。 案内板も立派です。 立派な盆栽が展示されてます。 ミニ盆栽を買いました。 器も買いました。
以前から行ってみたかった「大宮の大盆栽市」、やっと行くことができました。今日は幸いにと言うか不幸と言うか、すごく良い天気で気温も高くて見て歩くのは大変でしたが、少し盆栽と器を購入することができました。嫁も今日は一緒に来てくれましたが、彼女にとっては暑くて大変でした。今年も5日まで開催されてるようですが、私は来年また行きます。来て見て反省したことや、また新たなアイデアが出て来ました。来年の盆栽市が楽しみです。