夢枕

色絵寿老置物 東京国立博物館にて

2015.12.03

以前に、仕事先の人(同年輩)と飲みながら話をしていて、
死ぬ時ってどんな感じだろうという話になったことがあります。

よく、人が死に掛かると夢枕に現れて、後から考えると別れの挨拶に
来たんだなあ、という話になりました。

仕事先の人も私も、もう父とか母とかを亡くしていますので、夢枕に
親は立ったのかというと、待っていたけど来なかっと。

やっぱり、迷信なのかあと思いますが、身内だったら化けてでも
出て来て欲しい気持ちも分かります。
この写真のような寿老人が夢枕に立ったら、何かおめでたいことでも
舞い込んできそうです。

[写真]    [独り言]    

follow me

Katsu photo studio

↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう