旧友を訪ねて

入道雲が印象的な岬
入道雲が印象的な岬

白と黒のツートーンの灯台って珍しいですね
白と黒のツートーンの灯台って珍しいですね

こんなベタ凪ぎは珍しいそうです
こんなベタ凪ぎは珍しいそうです

出張の帰りに秋田によってきました

秋田での仕事が終わって、30年ぶりに秋田の友達に会ってきました。
見た目はお互いに少し大人になっていましたが、気持ちは以前と同じです。
以前、彼も東京に住んでいたので、一緒に仕事をしたり遊んだりした時と同じ感覚で、30年のブランクを感じない会話が弾みました。
最近の仕事の話から始まって、親の話、子供の話としていくうちに、奥さんの話になりました。
ここ数年の年賀状から、奥さんの気配が消えていたので、ひょっとしたらと思っていましたが、悪い予感は当たりました。
何があったのかは知りませんが、何年か前に離婚をしたとの話。
私は奥さんも知っていたので、すごいショックでした。
それ以上、深く聞くのは気がひけたので、会話を変えましたが、子供が成人してからの離婚って良く聞く熟年離婚ってことですね。
私はその言葉は他人事に聞いていましたが、身近に聞いて驚きました。
彼が案内してくれた秋田の海は見事に凪いでいました。
彼の心も平穏になっていることを願っています。

これから、機会があれば会いたい人に会っておこうと思った矢先に重い話を聞いてしまいました。
自分のこれからも分かりませんが、何十年ぶりにあうとそれぞれにドラマがあるんでしょうね。

Jornalに戻る